インド料理の世界

旅行者がちょっとだけ触れるインド料理の世界
トップ 肉料理 ターリー インドの軽食 チベット料理 インド料理を作る

このサイトについて

インドといっても広い。全てのインド料理を食べ尽くすことができるわけではないのだが、1週間程度の海外旅行でも日本とは違った体験ができる。個人が体験したちょっとしたインド料理体験記です。

Author

簡単なナンの作り方

用意するもの(ナン2枚分)

所要時間1時間

薄力粉をボウルに入れ、砂糖とドライイーストを加える。ヨーグルトを大さじ1杯加え、その水分で練る。5分ほど練ったら、油を加える。

30度以上のところで40分程寝かせる。ドライイーストが砂糖を餌として2倍から3倍に膨らむ。

フライパンを煙が出るまで熱します。表を2分、裏を1分焼いたら出来上がり。

ナンについて

ナンはインドをはじめイランやアフガニスタン、中央アジアで広くで食べられるパンの一種。インド人が家庭で食べるのは、精製した小麦粉で作るナンではなく、全粒粉で作るチャパティーだ。

インドでは、鉄道旅行についてくるお弁当や、街角の食堂や屋台ではチャパティが供される。

日本では精製していない小麦粉を探す方が難しく、従ってナンの方が作りやすいということになる。精製していない小麦粉はアターと呼ばれる。楽天やAmazonなどで入手できる。

インド料理を作る

スパイスさえあれば作れるインド料理

スパイスさえ入手できればインド料理は簡単に作る事ができる。

基本のペーストを作る

油にクミンシードを入れて香りを移す。タマネギを入れて弱火で1時間程度炒める。タマネギが茶色になるまで続ける。これにトマトを入れて弱火で1時間程度煮込む。これで基本のペーストが作られる。タマネギが焦げないように油を多めに入れるのがコツ。

油、ショウガ、ニンニク、赤トウガラシに肉や野菜を入れて、基本のペーストを入れる。最後にガラムマサラを入れて20〜30分ほど煮るといろいろなカレーを作る事ができる。

スパイスを使って作る料理

デリーのスパイス屋で貰ったパンフレットには次のように書いてある。

Mittal Teas

GF-6 New Delhi House, 27 Barakhamba Rd., New Delhi 110-001
Tel: 51507054, 51520402

http://tea-india.com/

マイルド・カリー・パウダーを使う

ヨーグルトとカレーパウダーでマリネした肉を使って簡単なカレーを作る事ができる。

カレーパウダーを使って簡単な野菜カレーを作る事ができる。このレシピはいろいろなカレーに応用する事ができそうだ。

  1. ジャガイモを入れ15分ほど茹でる。
  2. 鍋に油を入れてカレーパウダーとあらかじめペースト状にしたタマネギを加える。
  3. 5分程度炒めてからトマトと塩を加える。
  4. ここから10分茹でて、さらに15分ほど煮込む。

ホット・カリー・パウダーを使う

パンを作る要領で、イーストと油を加えて練った小麦粉を30分ほど発酵させ、フライパンで焼くとナンが作れる。インドの人は塩を入れないそうだ。ヨーグルトを入れると風味を付ける事ができる。
  1. カシューナッツをペーストにし、ホットカレーパウダーにヨーグルトを加えた付けタレを作る。
  2. ここにラム肉を加えてマリネする。
  3. 油、ベイリーフ、タマネギを加えたペーストを作り5分ほど炒めた後でトマトを加える。(基本のカレーペーストと同じだが、時間がかなり異なる)
  4. ここから10分に込む。最後に肉を加えて20分ほど煮込む。

このように基本は簡単で「タマネギとトマト」でペーストを作り、材料をスパイスの香りを移した油で炒めて、しばらく煮る。そこにガラムマサラ(シナモン、カルダモン、クローブ(チョウジ)などを合わせたスパイス)を加えて仕上げるとよいらしい。

意外とAmazonで買う事ができたりするインド料理素材