LUMIX DMC-FX35

840円で購入したので大したことがないカメラだろうと思っていたのだが、実際には10メガピクセル超だった。ビデオもハイビジョン対応であり、電池の持ちも中古にもかかわらず悪くない。

画角にこだわったようで狭い部屋であっても広く写真を撮影することができることがウリになっていたようだ。また、ISO1600に対応しており暗いところの撮影も得意である。

ではなにが問題かというと、電池を出し入れするたびに爪が折れてしまうようだ。蓋もあまり厚いものではないので使っているうちに電源がふと切れてしまったりする。そこで抑えるためにガムテープで止めている。こういうことは長く使ってみないとわからないのではないかと思う。電池パックはこの当時のパナソニックでよく使われている方のものを使う。チャージャーも専用のものではないと難しいのではないかと思う。

主なスペック

センサー 1/2.33 CCD
焦点距離 25 - 100mm相当
ズーム 光学ズーム4倍
F値 F2.8 - 5.6
記録メディア SDカード
画素数 1010万画素
動画撮影 最大1280x720ピクセル
コメント 広角にこだわったハイスペックカメラ。暗いところも得意だ。

写真の比較